大きく暮らせる小さな家

松山市今在家

田園に面した住宅街に凛と佇む、この家が暮らしの設計室の原点です。「小さな家でいい。簡素で心地の良い、やさしい佇まいの家。20年、30年と年月を重ねるほどに味わいの増す家がいい」とのお施主様の想いが詰まっています。広い敷地に“引き”をつくり、本当に必要なものだけを突き詰めていきました。元々植えられていた大きなオリーブの木はそのままに、この土地の歴史を見守る存在として今もあり続けています。

家の大きさに対しての窓の配置や大きさ、ベランダの広さなど、隅々まで検討しつくされたおさまりが美しい家。頭上に本棚を備えたスタディコーナーは、小さな開口から程よく陽光を取りこみ、LDKの大きな障子は、強い陽射しを柔らかな光に変えて室内に取り込みます。計算し尽された窓位置から見える景色は、心地よい室内環境を生み出しています。