設計 / 店舗デザイン
福岡 美穂
Fukuoka Miho

暮らしに寄り添う
おおらかな住まいを提案する。

いままで「住まい」というものに向き合ってきました。
その中で、いま改めて思うことは、「住まいは生き方」という言葉の重みです。
どんな暮らしがしたいのか。それを紐解き、お手伝いさせていただくのは、とても素敵なことです。
住宅の設計は、生きることそのものを考えるとするならば、領域の広い膨大な世界であると共に、
人を幸せにする仕事です。それゆえ、日々が学びでもあります。
私がいつも意識するのは、10年、20年・・と年月を重ねても、暮らしに馴染むかどうか。
流行を追うのでなく、時代が変わっても、変わることのない、簡素でシンプルな住まい。
空間の美しさや環境との調和、決して派手ではないけれど、しっくりと暮らしに馴染んでいく。
そんな、ていねいで豊かな暮らしができる住まいをご提案したいと思っています。

設計 / 申請
二宮 佑介
Ninomiya Yusuke

誰もが心地よい
自然と調和した住まいをつくる。

「心地よい空間」というのは人それぞれです。
吹き抜け天井の生み出す開放感であったり、快適な家事導線であったり。
ただ、「心地よい家」の基本は上手く自然と関わり合う家だと思っています。
太陽が持つあたたかな光、外に広がる植栽、遠くに見える山々、家中を吹き抜ける風。
それらを生かすために、どうするか?
設計士が現場に出向き、考え抜くことが、暮らしの豊かさにつながると信じています。
敷地がもつ環境を最大限に生かせるプランを、
そして、お客様の思い描く理想の暮らしを体現できる住まいを提案していきたいと思います。

現場監督
志賀 翔吾
Shiga Syogo

10年、20年…と一生を共にする家だからこそ

現場管理の使命は、設計士の意図をくみ取り、より使い勝手のよい家に仕上げること。
簡素でシンプルな家は、一般的な住宅よりも高度な技術と細かな手仕事が必要です。
特に、壁に引き込める天井高いっぱいの引き戸は大工職人の技が光り、感動を覚えるほど。
ミリの世界で作り上げるひとつひとつの仕事が空間の美しさにつながります。
ただし、どんなに空間が美しくても、すぐに住めなくなる家では意味がありません。
10年、20年…と一生を共にする家だからこそ、少しずつ手入れしながら経年変化を楽しんでほしい。
住まい手の想いと、設計士の意図と、職人との協働で「長く安心して暮らせる家」をつくっていきたいと思います。

土地探し・資金計画
俵原 嗣仁
Tarahara Hidenori

20年後も、ここに住んで
良かったと思う土地を探す。

一生暮らす土地だからこそ、納得いくまでお客様の希望する土地を自分の足で探します。
数ある土地に足を運び情報を得るのは、広さや近隣の状況だけではありません。
その土地に行くまでのルート、車の往来や変遷などもライフスタイルがイメージできる
大切な情報の一つだと思っています。
「どんな土地が良いのか自分たちでも分からない」そんな場合もお話を伺いながら、
お客様のニーズを拾い上げます。何気ない会話の中に、ヒントが隠れていることもあります。
ぜひ、安心してお話ください。
また、どの程度まで土地の購入費用に掛けられるかを把握することも大事です。
そのために、無理のない資金計画を一緒に考えていくことも私の仕事です。

設計アシスタント
酒井 紀江
Sakai Kie

毎日を愉しく、豊かに
暮らすインテリアを。

どんなに導線のよい家を作っても、そこに置かれた家具やファブリックが整っていなければ、
住む人の気持ちも整わないもの。
憧れの照明を置くだけで、自然と背筋が伸びる凛とした暮らしが叶います。
ミリ単位で高さを調整したキッチン棚は、料理をする時間を楽しく快適に変えます。
座り心地にこだわったソファは、心に落ち着きを取り戻させてくれます。
「毎日使う場所だから、毎日食べる場所だから、
細部にまで居心地の良さを感じる空間をつくりたい」
お客様の理想の暮らしを表すインテリアを自由な発想で提案します。